消費者にとって有用なダイレクトメールの作成方法

好きなお店の会員登録をしているとお得な割引券などがついたダイレクトメールが届くことがあると思います。よく買い物をしてほしい商品が割引対象としてあるのならよいですが、自分のいらないものばかりが割引対象として広告されていると、ダイレクトメール自体を消してしまうことがあるでしょう。それが全く知らないお店や企業から届いたダイレクトメールならば、ウイルスが仕掛けてあるのではないかと訝しんで開くことすらしないと思います。ダイレクトメールを送る企業にとっては消費者に有意義な情報を提供しようと送っているダイレクトメールですが、送る相手や内容については考えないといけないことがあります。そこで、どのようなダイレクトメールならば消費者が喜んでくれるのかしっかりと学習し、売り上げにつなげていきましょう。

消費者のニーズについて研究する

当然企業やお店側からしたら売り上げを伸ばすためにも消費者の求めているものを研究しなければいけません。服が欲しい消費者におもちゃの広告をしても売り上げにつながらないのです。会員登録をしている消費者であれば、興味を持っているジャンルについてアンケートを取ってみると良いでしょう。服が好きな消費者には服の広告をし、おもちゃが気になっている消費者にはおもちゃの広告を出すなどの工夫がなければ売り上げも伸びません。このようなアンケートは会員登録時に合わせて確認しておくと効率的でしょう。会員登録時ならば気軽に答えてもらうことができますし、ダイレクトメールの受信をするのかどうかも一緒に確認することができるので、情報を必要としていない消費者は避けて適切な広告を出すことができるのです。

消費者に見てもらいやすいダイレクトメールの内容

消費者にダイレクトメールを見てもらうためにいつも割引などを行なっていると、なかなか売り上げも伸びていかないでしょう。割引をしなくてもダイレクトメールを見てもらえるようにする工夫も必要になってきます。では、どのようなことをすればよいのかというと、一番簡単なのは新商品の入荷情報です。消費者の大多数が気になっている情報でもありますし、誰よりも良いものをほしいと思うのは一般的なことです。そこで新商品情報をいち早く広告すれば、消費者にとって有意義なダイレクトメールになります。そのほかにもお店の商品を使ったプチ情報などがあっても良いかもしれません。洋服のコーディネートやおもちゃの意外な使用方法など、情報として出回りにくいことをダイレクトメールで発信すれば、新しく興味を持ってくれる人も現れるでしょう。