ユニークペットといえばモルモット!!

ユニークペットと聞いて、皆さんはどんなペットを想像されるでしょう?珍しいという意味では、ペットショップにも沢山の種類の動物がいますよね。でも、珍しい生き物というのは飼育方法が特殊だったり、専門医が少なかったりしてペットにするにはちょっと覚悟がいりますね。そこで、私はモルモットをお勧めします。面白いという意味でとってもユニークですよ!モルモットもまた診察できるお医者さんというのは少ないんですが、探せばないわけではありません。

ペットとしてあまり普及していないというだけで、決して特殊な動物ではないからです。といっても小動物ですから、体力の問題で大掛かりな治療はできないこともありますが…。個体差はありますが、モルモットは基本的に人懐こいです。飼い主と他の家族、それ以外の人(お客さん)の見分けがつきます。うちのモルモットは家族全員に慣れていますが、私が歩いたときだけ後をついて回るんですよ。可愛いですし、ケージに誘導するのが楽でいいです(^^)抱っこや撫で撫でも好きな子が多く、毛の長い子はブラッシングなどでスキンシップをしたりもできます。(お尻を触られるのだけは苦手な子も多いですが)また、「ダメ」「いい子」「ごはん」など、簡単な単語は聞き分けます。

日本語として理解しているわけではなく、「この言葉が出たらこうなる」という因果関係を理解しているんです。ちゃんと教えれば、意思の疎通はかなりはかれます。きちんと飼い主のことを見てくれて、自分の意思を伝えようとしてくれます。というか、モルモットは感情がだだ漏れです(笑)思っていることが全部口や体に出ます。機嫌のいいときは「くぷ♪」と鳴いて、探検しているときは「こっこっ♪」と鳴き、嬉しいときは「ぷるるるる♪」と鳴き、ごはんが欲しければ「ピュイー!」と叫び。警戒しているときは「ぐるるるる」、不満を感じているときは歯軋り、怒ったときは「ピャ!」と鳴いてジャンプをし…本当に多種多様な感情表現です。見ていて飽きません。小鳥のようによく鳴くんですよ。モルモットを知らない人はこれを見て必ず驚きます。でも声はそれほど大きくないので、賃貸住宅で隣の迷惑になるようなことはありません。滑車も不要なので静かですし、飼い主の生活リズムに合わせてくれるので夜中に騒ぐこともありません。草食動物なので幼いうちからしっかりしており、あまり手がかかりません。お留守番も得意です。体の割にトイレの量がかなり多いのが難点ですが、この可愛さを思えば何てことはないはずです。むしろいい排泄をしてくれることが嬉しいですよね。ただのネズミと思ったら大間違いです。とっても個性的で可愛い生き物なんですよ。絶対に人生を豊にしてくれる生き物だと思います。※飼育に際してはビタミンや牧草など条件がありますので、きちんと調べて検討が必要です。(どの動物でももちろんそうです!)生き物と暮らしたいと思うなら、よく調べて、検討して、必ず最期まで愛情を注ぐ決心をしてくださいね!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)