ペットを飼うことのメリットとデメリット

動物をペットとして飼うことは、メリットもたくさんありますがデメリットももちろんあります。私は子供の頃から何種類かのペットを飼っていましたが、どれもかわいくて家族にとって癒しであったり子供にとっては命ある生き物の世話をしたりして育てることで責任感が生まれたりすることが大きなメリットです。知り合いは犬をペットとして飼っていますが、息子さんが中学生や高校生にもなると親に反抗してあまり口をきかなくなったり部屋から出てこないような時もあるようですが、子供の頃から飼っているペットの犬に対しては優しくて散歩に行ったり餌をやったりの世話は欠かさずするそうで、親としても今は時期的に親に反抗する時期だけどペットに対しては以前と変わらず優しい息子なので安心している部分があるそうです。そのように、家族の一員として存在することも多いペットですが、やはり生き物だしペットとして家で飼う以上人間が世話をしないと生きていけないですよね。

だからこそ、生き物に対する責任感が生まれて子供にとってはいい教育の一つになると思うのですが、ペットによってはかなりの時間を世話に費やさなくてはならなかったり、犬や猫など比較的長く生きる動物や人間と同じように老後を迎え、介護が必要になる場合もあります。そういった世話や介護の負担を本当にできるのかということを考えてそのペットを飼い始めることはとても重要なことだと思います。私は小学生の時雑種の犬を飼い始めましたが、家族みんなが犬のしつけなどの仕方を知らず、トイレの場所を教えたりほえないようにしつけをすることがとても大変でした。家の庭にスペースを作って犬小屋とトイレを置いて飼っていましたが、始めのうちはそのスペース内のあちらこちらに排泄するしその排泄物を平気で踏んだりもするのが困りました。その後排泄の場所などは覚えるようになったのですが、もっと困ったのが無駄吠えです。一日中吠えているわけではないのですが、朝になって家の中で人が活動してるな、というのに気付くと餌と散歩を求めてわんわんと吠えるようになったんです。

ご近所迷惑になるからその都度叱っていましたが叱り方がよくなかったのかあまり効果がなく、だんだんと吠え始める時間も早くなって、夏場などは夜が明けてまだ早朝と言える5時ごろからワンワンと吠えるようになってしまいました。寝ていても気づくくらいの声だし、いずれご近所から苦情が来るのではないかと思い、無駄吠えをしなくなるまで母は本当に気を病んでいたようです。私が大人になってから犬を飼い始めた時は飼う前にしつけの本を買ったりネットで情報収集をしてしつけの方法を調べておいたので比較的順調にしつけが入り、あまり吠えない犬になったので、しつけは子犬の頃からするのが大事だな、と感じました。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)